ご存知ですか労働基準法!Top >  解雇について >  不当解雇から身を守る

スポンサードリンク

不当解雇から身を守る

解雇の原因はいろいろありますが、
自分が悪いならまだしも一生懸命に頑張っているにもかかわらず
突然解雇を言い渡されることもあるようです。

そのような時、もし辞めるという意思がない場合は何があっても退職届は書かないようにしてください。

解雇は客観的に合理的な理由なしには成立しないと労働基準法に明記されています。
もしも退職届を書くように促された場合は、解雇理由を問いただすなど、
逆に会社側に情報開示を求めましょう。

また、労働基準法によれば解雇をする為には1ヶ月以上前にその予告をしない限り、
会社側は30日分以上の賃金を労働者側に支払わなければならない義務があるとされています。

これには事業の継続がやむを得ない理由で不可能になったときや、
責任が明らかに労働者側にあるときは含みません。

しかし、日雇い労働者や2ヵ月以内の期間設定で雇用された労働者などは予告なしに解雇をすることが認められています。
そして、不当な解雇をされないためにも常に自分の発言と会社側の発言には注意をしておくことが重要。
もしも辞めさせられそうになったときのためにも普段から退職をほのめかすような発言等はメモを取っておくとよいでしょう。

解雇通告なしにさらに退職をすすめられた場合には、きちんと証拠となる会話内容を記した上で、
自分が辞める気がないことを明記した内容証明郵便を送付するなどし、会社側に意思をはっきりと伝えるようにしてください。

関連エントリー

ご存知ですか労働基準法!Top >  解雇について >  不当解雇から身を守る