ご存知ですか労働基準法!Top >  労働基準法とは >  就業規則について

スポンサードリンク

就業規則について

会社の就業規則をちゃんと確認していますか?

10人以上従業員がいる会社の場合、就業規則を作成し、
備え付けなければならないと労働基準法に定められています。

就業規則は、記載条件をクリアしていれば、基本的に会社が自由に作成することができます。
更に、中身はどうあれ管轄の労働基準監督署に提出することができます。

もちろん、就業規則内で労働基準法に沿っていないものは、その部分は無効となります。
しかし、雇用に関しての問題は、従業員から訴え出ないと、それが表面化することはまずありえません。
なので、従業員が就業規則をある程度理解し、労働基準法に沿って作られているのかどうか、
そのほか何が書かれているのかなどを把握している必要があります。


就業規則には記載条件があると言いましたが、

始業と終業について
休憩時間および休日について
賃金の決定と計算方法・支払方法と支払の時期
昇給について
退職および解雇について

は必須事項となっています。


この必須事項以外の内容については、任意事項なので、
記載がない場合は特に設定がないということになります。

このため、自分の勤めている会社の就業規則は、一度目を通しておいた方が良いでしょう。

関連エントリー

ご存知ですか労働基準法!Top >  労働基準法とは >  就業規則について